毛穴がふさがって皮脂が外に出られなくなると白ニキビができます。毛穴をふさぐものは角質のほかにも、流しきれなかったシャンプーやリンス、落としきれていなかったファンデーション、ホコリやチリなど日々の生活のなかにもたくさん潜んでいます。白ニキビが炎症を起こすと赤ニキビや黒ニキビになってしまいます。そんな、ニキビの初期段階である白ニキビは薬やオロナインに頼らずとも十分に治療が可能です。薬やオロナインを使うのが良くないという訳ではありませんが、効果が強ければ強いほど肌への負担が大きいのも事実です。なので、できるだけ薬に頼らず治療をするのご望ましいのです。具体的にどのようにすればニキビを治せるのかについてです。まずは、ニキビに刺激を与えないようにします。例えばおでこにニキビが出来ている場合は、おでこの髪はあげてしまいましょう。そして、メイクはしっかり落とし肌を清潔な状態にします。洗顔をする際はメイクをしっかり落とすことも大切ですが、絶対に肌をこすらないように気をつけましょう。せっかくきれいに顔を洗っても、デリケートな状態の肌に負担をかけてしまいます。よく泡立てたふわふわの泡を転がすようにして顔を洗いましょう。洗顔後は、保湿が大切です。白ニキビの原因のひとつとして、秦野潤い不足が挙げられます。皮膚の潤いが足りていないために皮脂が過剰に分泌されて、毛穴をふさいでしまうことがあるのです。これを防ぐためにも保湿は最重要事項です。洗顔後まずは化粧水で肌に水分を与えましょう。ビタミンCが含まれているものが特にニキビに効果的なのでおすすめです。そして、化粧水の後は必ずクリームや乳液で蓋をすることを忘れないでください。クリームや乳液はベタベタするからと特にニキビが出来ている時には避けがちですが、せっかく化粧水で得た水分が蓋をしない状態では蒸発してしまいます。また、肌の表面上はベタベタしているように感じても内部は乾燥している状態が多いので、必ず油分を与えて蓋をしましょう。次のニキビを治療するにあたって大切なポイントは、肌に触れる物の清潔です。ファンデーションのパフや枕カバーなど、肌に触れているものは日々の生活のなかにもたくさんあります。ニキビが出来ている場合、これらに菌が繁殖している可能性が高いです。なのでニキビの悪化を防ぎ、再発を阻止するためにもパフは台所洗剤でこまめに洗い、枕カバーも定期的に取り替える習慣をつけましょう。このように、白ニキビは日々の生活で少し気をつけるだけでケアが可能です。